A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

『ニューロマンサー』からの30年。サイバーパンクは現実を先取りした


Bylineから

大都市の発展、多国籍企業の役割、コンピューター・ネットワーク、バイオニック──出版された1984年当時、すでに兆候はあったが、ウィリアム・ギブソンはそれをいち早くとらえた。



iPadから送信

スポンサーサイト
仮想世界とSF,表象文化,芸術 | コメント:0 | トラックバック:0 |

仏教に伝わる瞑想法の効果、科学的に実証される


Bylineから

シンガポール国立大学の研究チームが、仏教2流派の4種類の瞑想法について調べたところ、種類の異なる大きな効果があることがわかった。



n.

仮想世界とSF,表象文化,芸術 | コメント:0 | トラックバック:0 |

村上春樹氏にオファーの可能性!? 100年後のノルウェー未来の図書館


Bylineから

100年後の未来の世代へのプレゼント。ワクワクするタイムカプセルのような計画がノルウェーで始動する。プロジェクト名は「未来の図書館」(Future Library)。





■「未来の図書館」計画



簡単に説明すると、世界中の100人の書き手による作品が、ノルウェーの図書館に寄贈される。しかし、その作品内容を読むことができるのは、100年後の2114年。つまり、現在生きている私たちは確実に読むことができないであろう。







<center>2014-06-19-140619_abumi_001.jpg</center>

<center>2018年にオスロフィヨルド沿いに移転予定のデイクマン国立図書館(左)、写真右側は現在人気の観光スポットでもあるオペラハウス Credit: Lund Hagem Arkitekter og Atelier Oslo</center>





これは、スコットランド出身の女性デザイナー、ケイティー・パターソン氏を中心人物とした、自然・芸術・文学を融合させた大規模なパブリックアート計画だ。内容を知れば知るほど、ワクワクする楽しみな未来へのプレゼンだとわかるだろう。





■フィヨルド再開発エリアへ図書館を移転



オスロでは現在「フィヨルドシティ」という、フィヨルド沿い地区の再開発計画が進んでおり、次々と美しい北欧建築が建設されている(新しいムンク美術館も建設予定)。2018年には、デイクマン公立図書館がビョルヴィカ地区に移転予定だ。この図書館の最上階5階の一部屋に、「未来の図書館」計画で集まった100作品が100年後に展示される。



<center>2014-06-19-140619_abumi_002.jpg</center>

<center>自然光がデザインの一部となった建築が印象的な図書館内部の予定図Credit: Lund Hagem Arkitekter og Atelier Oslo</center>





■1000本の木が、100年後に3000冊の本に



ノルウェーはフィヨルドやオーロラをはじめとする大自然が美しい国だ。首都でも交通機関を利用すればすぐに森へと移動できる。パターソン氏たちはオスロ郊外に1000本のノルウェー産松の苗木を植林した。木々はこれから成長し、100作品を印刷した3000冊の本となる予定だ。



<center>2014-06-19-140619_abumi_003.jpg</center>

<center>オスロ郊外の森で植林するパターソン氏 Future Library 2014-2114 Photo (C) MJC Commissioned by Bjorvika Utvikling and produced by Situations.</center>





100人の書き手は、パターソン氏をはじめとする8人のメンバーが選出し、毎年1人ずつ発表されオファーされる。最初の1人目は今年9月に発表予定。書き手は、有名な作家に限らず、様々な分野で活躍する人が選ばれる。宇宙飛行士、学者、政治家、詩人と肩書きはこだわらない。





■テーマは自由だが、100年後まで中身は秘密



書き手はテーマを指定されることがなく、自由に文章を書いて提出することが求められる。漫画やデザインではなく、「文字」作品であることが唯一の条件だ。そして、その作品の内容は、2114年まで書き手は誰にも口外してはいけない。パターソン氏を含む主催者側も決して中身を読むことはない。100作品は2114年に作品集となり、今はこの世に誕生していない、未来の世代が読むこととなる。



書き手はノルウェーに絞らず、世界中から集めるという。テーマだけでなく、文字量も自由だ。短い1文章でもよければ、1冊の小説の長さでもよい。書く言語はその書き手の出身国の言葉でよいため、日本語、中国語、フランス語など自由だ。



外国語作品に翻訳をつけるかどうかは目下検討中だという。翻訳をつけるのであれば、100年後に自分の作品が適切に翻訳されていると安心するためにも、書き手自身が翻訳家を指定するのがよいであろうし、翻訳無しであれば「それはそれで楽しそう」と主催者たちは考えているようだ。「100年後には消えてしまっているであろう言語もあるでしょうね」とパターソン氏はコメントした。



<center>2014-06-19-140619_abumi_004.JPG</center>

<center>制作発表でプロジェクトの魅力を語るパターソン氏(右)Photo: Asaki Abumi</center>





■日本も参加する可能性大



書き手には執筆料も払う予定だが、額はまだ未定だそうだ。もちろん日本人もオファーを受ける可能性があり、自己推薦したい人は同団体に直接コンタクトを取ることも可能だという。



こんなにもワクワクする未来へのプレゼントがあるだろうか。



私たちはこれらの100作品を読むことはできないが、書き手候補は恐らく国際的な著名人が集まることだろう。作品集となって発表される2114年には、大きな話題となって読まれることは間違いない。デジタル化が進み、本も電子書籍化されている時代、100年後に紙の本がどうなっているかさえも誰もわからない。*





■村上春樹氏へオファーの可能性もあり



この「未来の図書館」計画は6月12日にオスロの現デイクマンスケ図書館で発表された。パターソン氏は日本愛好家のため、日本人へのオファーももちろん考えているという。ノルウェーでも非常に人気がある作家の村上春樹氏にオファーがいく可能性はあるか聞いてみたところ、「もちろんその可能性はあります!」と笑顔で即答。これは楽しみだ(私たちは読めないであろうけれど)。





Future Library公式HP http://futurelibrary.no/



n.

仮想世界とSF,表象文化,芸術 | コメント:0 | トラックバック:0 |

共存か決戦か?人類と猿の運命の選択を描く「猿の惑星:新世紀」予告編公開! (映画.com) - Yahoo!ニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140530-00000022-eiga-movi


iPadから送信
仮想世界とSF,表象文化,芸術 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Second Lifeの仮想空間、Oculus Riftでの移動が可能に


Bylineから

2007年にブームを呼んだ3D仮想空間「Second Life」がHMDの「Oculus Rift」に対応した。対応するクライアントはHMDを自動検出し、頭の動きをトラッキングするので、ユーザーはアバターの視点で仮想空間を動き回れる。



iPadから送信

仮想世界とSF,表象文化,芸術 | コメント:0 | トラックバック:0 |

円城塔、日本人2人目のフィリップ・K・ディック賞特別賞を受賞 WIRED.jp


仮想世界とSF,表象文化,芸術 | コメント:0 | トラックバック:0 |

Second Life Founder, Philip Rosedale, Is Quietly Creating a Next-Generation Virtual World

singularityhubから引用
Bylineから

SH 152_#1 BIG


In Ernest Cline’s Ready Player One, humanity escapes a gritty dystopia by donning VR goggles and entering a virtual world called OASIS. Back here in a comparatively rosy 2013, we don’t have a fully immersive virtual experience?yet.


But virtual reality is undergoing a renaissance. And while Oculus develops a consumer-ready virtual reality headset, Second Life creator, Philip Rosedale, and his latest startup, High Fidelity, are hard at work constructing a next-generation global virtual world.


High Fidelity was quietly launched earlier this year with funding from Second Life’s Linden Lab, Google Ventures, Kapor Capital, and True Ventures. To date, the firm has largely kept itself out of the spotlight. Search “high fidelity” and prepare yourself for a barrage of John Cusack. Add virtual, however, and you’re there.


High Fidelity’s mantra goes, “If it doesn’t hurt to think about it, we’re not going to try it.” However, although some of the technical work “under the hood” hurts the brain, Rosedale told us anyone can appreciate the bigger picture.


“I think the general ideas are pretty straightforward and powerful?create a virtual place with the kind of richness and communication and interaction that we find in the real world, and then get us all in there!”


Philip Rosedale.

Philip Rosedale.


This isn’t Rosedale’s first dance. Second Life, his first virtual world, hosts a million users and a $6 billion economy. But Second Life never caught on in the massive way some thought it would.


Rosedale has clearly put some thought into what might be improved. He recently told a group of students at Singularity University that interfaces need to be more intuitive. Second Life uses a mouse and multiple keys on the keyboard, both 2D inputs, to navigate a 3D space?it’s like learning to play the piano. (Join our member program to watch this talk and more like it.)


Further, he wants to make avatar interaction a richer experience. Our virtual selves should precisely mimic our movements in the real world in as close to real time as possible. Body language is a key element of satisfying real world interactions. Until we have realistic body language in the virtual world, folks won’t be drawn there.


Whereas the enabling technology for Second Life was broadband, it was the latest body tracking technology that convinced Rosedale now is the time to take the next step.


In early 2013, he hooked the gyro from a Rift headset onto a pair of glasses to track head motion and, watching himself in the mirror next to a simple avatar tracking his movements, was blown away. The result was spooky good, the precision uncanny, the latency lower than anything the human eye would pick up.


Rosedale says, “We’re experimenting with our own very simple bits of hardware to capture head motion, and also looking at many other cool devices like the [Razer] Hydra, zSpace, and Leap Motion.”


While body tracking may make for more realistic and intuitive avatars, High Fidelity’s other big idea will power the world they live in. In exchange for virtual money, virtual citizens will assign their computer’s unused processing power?when they’re sleeping, for example?to construct High Fidelity’s world in exquisite detail.


The closest existing analogous systems (called distributed computing networks) rival the most powerful supercomputers on the planet. However, because of a virtual world’s special requirements, Rosedale told us their system will be a “wholly new kind of thing.” When complete, High Fidelity’s network will scale with the virtual world’s popularity and ever faster constituent devices (mobile, laptop, or desktop).


Second Life runs on 40,000 servers. Imagine a world that runs on a million, ten million, or even a billion machines.


According to Rosedale, what we see in CGI movies today (think <em>Avatar</em> or <em>Star Trek) </em>will be possible in a virtual world six years from now. But High Fidelity won’t build all the visuals themselves. Rather, they’ll set up the construct, open the door, hit play, and see what emerges.


“I’d love to see us build something quite similar to what [<em>Ready Player One</em>] describes, but probably with less central agency.  A global virtual world seems very likely to be (un)governed in a manner similar to the internet itself.”


Let’s say all goes to plan, and a few years from now (Rosedale isn’t talking timeframe yet), we’re visiting this new virtual world on a second or third generation Oculus Rift, complete with a suite of body sensing tech. What happens next?


Rosedale says in Second Life, people “make things, sell them to each other…fall in love, get married, have sex, everything that we do in the real world.” Done right, a virtual world could augment or replace today’s social networks, or if High Fidelity perfects avatar interaction with minimal latency?why bother with a telepresence robot?


We may never travel light-speed in the real world, but we can come close by broadband. New York to Tokyo to Tatooine in as long as it takes to plug yourself in and hit go.


<em>Image courtesy of Shutterstock.com</em>







仮想世界とSF,表象文化,芸術 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。