A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

127歳? メキシコには「世界最高齢の女性」がいるらしい


Bylineから

worlds oldest person



世界最高齢の女性ではないかと考えられているメキシコ人女性、レアンドラ・ベセラ・ルンブレラスさんが、このほど誕生日を迎えた。



イギリス各紙の報道によると、彼女は8月31日で127歳になった。ルンブレラスさんは、自分が1887年8月31日生まれだと話している。



彼女の家族によれば、ルンブレラスさんの長寿の秘訣は、大好きなチョコレートを食べ続けていること、3日間ほどぶっ続けで眠ること、そして再婚しなかったことにあるそうだ。



「彼女はいつも戦う女でした。それに、2年ほど前までは、まだ裁縫や織物をしていたのです」と、43歳になる孫のミリアム・アルベアルさんは、メキシコの「エル・ホリゾンテ」紙の取材に対して語っている



「ミラー」紙の記事によれば、ルンブレラスさんは1910年から17年まで続いたメキシコ革命の時には、夫たちと共に前線に立った「アデリータ(Adelita)」と呼ばれる女性戦士たちのリーダーだったという(動画中に写真がある)。



現在、13人の孫と73人のひ孫と55人の玄孫がいるが、子供5人と孫のうち7人はすでに亡くなったそうだ(いちばん最近では、孫が2013年に90歳で亡くなった)。



ただし、ルンブレラスさんは、40年前の引っ越しの最中に出生証明書を紛失している。このため、ギネスが認定している世界記録は、大阪市に住む116歳の大川ミサヲさん(日本語版記事)になっている。



メキシコ政府は、ルンブレラスさんに新しい出生証明書を出す計画だという。なお、ペルー政府も2014年5月、山間部に暮らす先住民女性は116歳4カ月で、大川さんより2カ月半早く生まれたと認定した(日本語版記事)。



<iframe height="315" width="420" src="http://www.youtube.com/embed/p6EFfrG-8ZU"></iframe>



[Simon McCormack(English) 日本語版:佐藤卓、合原弘子/ガリレオ]






スポンサーサイト
社会保障の未来 | コメント:0 | トラックバック:0 |

死ぬことを忘れた人々が住むギリシャの離島「イカリア島」


Bylineから

2014-09-02-map640x307.jpg



死ぬことを忘れた人々が住むと言われるギリシャの離島、イカリア島をご存知でしょうか。

10月に渋谷アップリンクで劇場公開するドキュメンタリー映画『ハッピー・リトル・アイランド ―長寿で豊かなギリシャの島で―』の舞台となった島なので調べていたら、世界的に注目されている島だということが分かりました。



人口およそ8千人で石垣島よりも少々大きいこの島は、BBC、CNN、ガーディアン誌、NYタイムズ誌などで「死ぬことを忘れた人々が住む島」として次々と紹介されているのです。



例えば日本でもつい最近のテレビ東京の特番で「イカリア島の高齢者の3人に1人が実際の年齢よりも血管年齢が若く、また、全体的に高血圧や心筋梗塞などの患者も少ない事が分かった。」と紹介されています。



イカリア島が注目されるようになったきっかけは恐らく、2004年から冒険家でライターのダン・ベットナーがナショナルジオグラフィック誌とチームを組み世界の長寿研究プロジェクト「ブルーゾーン」(Blue Zones)を開始し、世界的に長寿な地域として選出した5ヶ所に、イカリア島が含まれていたことだと想像しています。



「ブルーゾーン」として選ばれた場所は、サルディーニャ島(イタリア)、沖縄(日本)、ロマリンダ(アメリカ)、ニコヤ半島(コスタリカ)、そして5ヶ所目に選ばれた場所がイカリア島(ギリシャ)でした。沖縄も入っていますね!



※これらの「ブルーゾーン」で発見した教訓は"POWER 9"としてまとめられています。



ダン・ベットナーTED Talk「100歳を超えて生きるには」

<iframe height="315" width="560" src="https://embed-ssl.ted.com/talks/lang/ja/dan_buettner_how_to_live_to_be_100.html"></iframe>

※日本語字幕を選択できます。



「ブルーゾーン」のチームがイカリア島で発見した7つの教訓:



・ヤギのミルクを飲む

・歩く(イカリア島は丘が多く高低差がある)

・地中海料理を食べる

・ハーブティーを飲む

・昼寝する

・たまに断食する

・家族や友人との時間を大切にする



この他、イカリア島の長寿の秘密について、GreeceJapan.comが2012年、アテネのイッポクラティオ病院のアテネ大学・第一心臓臨床医学研究所の主催の医学会議で以下の要因があると発表されたと紹介しています。



・食卓:特に魚介類、果物、野菜、豆類、そしてお茶がイカリア人の心臓と血管を増強し、高齢者のうつ病を克服する。

・昼寝(シエスタ)の習慣

・歩行から農作業に至る日常的な運動

・家族の絆

・少ないストレス

・良好な交友関係

・頻繁な近所付き合いと地元の催事への参加

・高い教育レベル



どうでしょう?出来そうなことは結構ありそうですね。他にもポリフェノールが多く含まれる赤ワインもいいと紹介されていました。



<iframe height="321" width="570" src="http://www.youtube.com/embed/-El4YC2U0-g"></iframe>



ドキュメンタリー映画『ハッピー・リトル・アイランド ―長寿で豊かなギリシャの島で―』にはそんなイカリア島での暮らしの様子が描かれています。10月11日(土)から渋谷アップリンクで公開となります。ぜひ劇場までいらしてください。



n.

社会保障の未来 | コメント:0 | トラックバック:0 |

教育訓練給付金の拡充と教育訓練支援給付金の創設で あなたのキャリアアップを支援します:政府広報オンライン


社会保障の未来 | コメント:0 | トラックバック:0 |

年金水準50%は開始直後のみ - Y!ニュース

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/domestic/annuity/?id=6121278

Yahoo!ニュースアプリのダウンロードはこちらから




社会保障の未来 | コメント:0 | トラックバック:0 |

国民年金保険料の免除 来年7月から電話で申請可能ヘ:イザ!



iPadから送信

社会保障の未来 | コメント:0 | トラックバック:0 |

日経電子版から) 消費増税初年度、税収5.1兆円増 6割を年金関連で消化へ

消費増税初年度、税収5.1兆円増 6割を年金関連で消化へ
http://s.nikkei.com/1gmpPT6
社会保障の未来 | コメント:0 | トラックバック:0 |

毎月28万円支給、スイスでベーシックインカム国民投票へ | YUCASEE MEDIA(ゆかしメディア) | 最上級を刺激する総合情報サイト [feedly]




<style>
BODY
{
margin:1em;
font-size: 16px;
background-repeat: repeat;
line-height: 1.5em;
color: #262626;
}
a
{
color: #82BD1A;
}
table { font: inherit; }
.source {
color : #909090;
font-size : 14px;
}
.article
{
padding : 1em;
background-color: #eaeded;
color : #404040;
margin-top : 1.5em;
}
.visit
{
border-radius : 4px;
background-color: #CFCFCF;
text-align : center;
padding : 8px;
}
.visit a
{
text-decoration : none;
color : #666;
}
.header
{
padding-top : 0.3em;
padding-bottom : 1.5em;
font-size : 28px;
line-height : 1.2em;
font-weight : bold;
}
.footer
{
padding-top : 3em;
padding-bottom : 6em;
color : #444444;
text-align : center;
}
</style>




 












n.

社会保障の未来 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。