A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

スタートアップ起業家育成施設Google Campusが今度はソウルにオープン


Bylineから


Googleの今日(米国時間8/26)の発表によると、同社は起業家のためのスペースをソウルにオープンする。Campusと呼ばれるそのスペースというか施設は、共同で作業するためのスペースや、Campus for MomsCampusEDUのような催し、それにGoogleの社員たちと過ごす時間、などのプログラムから成る。ソウルはGoogleが初めてCampusをアジアで開く都市となる。


Googleはこれまで同様のスペースをテルアビブとロンドンで開き、次はワルシャワとサンパウロを計画している。ロンドンは、オープンから20か月後の2013年12月に本誌TechCrunchも取り上げた。そのとき本誌ライターのMike Butcherは、Google Campusは同社の派手なマーケティングだ、と指摘した(当時Googleはイギリス政府からテクノロジ方面の起業家を育てろと圧力をかけられていた)。でも今のところロンドンは、成功しているようだ。Butcherは、2年目で会員数22000、ロンドンのスタートアップのための“センター”として大いに役に立っている、と書いた。


ソウルのスタートアップのエコシステムは、アクセラレータSparkLabsKStartupなどの尽力で成長しているが、まだまだとても若い。そのほかの生まれたてのエコシステム同様、ソウルもメンターや資金やイグジット(出口)機会がまだ足りない。だからソウルのGoogle Campusがより多くの機会創出につながることを、期待したい。


[原文へ]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))




n.

スポンサーサイト
経済的諸問題の未来 | コメント:0 | トラックバック:0 |

高学歴ワーキングプアとスキルの話


Bylineから

高学歴ワーキングプアとスキルの話3連休ってあっという間ですね。生産性の低い週だった。。。↓人気blogランキングへランケン経済英語スクールもよろしく!という所で、連



n.

経済的諸問題の未来 | コメント:0 | トラックバック:0 |

米誌「フォーブス」 香港投資家に株式売却へ NHKニュース

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140719/t10013140851000.html
.
経済的諸問題の未来 | コメント:0 | トラックバック:0 |

スタートアップは若者だけのものではない:年長者との協働でビジネスはもっと進化する


Bylineから


トリノ工科大学イノヴェイティヴ事業インキュベーター(I3P)で活動するMicro Hydro Innovationは、イタリアで認証された最初のイノヴェイティヴなスタートアップとなった。企画者のなかには、数年前までトリノ工科大学の電気機械駆動の教授だった75歳のパオロ・フェッラーリスがいる。「若くない人々の経験を、熱意とエネルギーのある若者たちと結びつけるのが、正しいコラボレーションです」と、教授は説明する。


Micro Hydro Innovationは、水力発電のための小型設備の設計と実現にある。アルキメデスの螺旋(螺旋水揚げ機)を羽根車として使用することをベースにしている。科学的な研究文献のほとんどない分野だ。「わたしたちはこのテーマについて何年も前に調査研究を始めました。ミニ水力発電設備をつくっている人はすでにいます。しかし技術的意識に乏しく、輸入した技術によるものでした」。


彼らによると、このミニ水力発電の潜在能力は、現在利用されているものよりもずっと高い。「ノウハウを集めて、従来のスタンダードとは異なる設計基準による設備をつくることができるようになりました。そしてわたしたちは自問しました。止まろうか、飛び込もうか、と。結局わたしたちは前に進んで、スタートアップをつくりました。しかし若者たちの熱意なしにはできなかったことでしょう」。


現在、Micro Hydro Innovationがもうすぐ供給するようになる設備への設計のリクエストが届き始めている。「これは、わたしたちが設計したものを製造する、信頼の置ける供給パートナーのおかげです」と、フェッラーリスは付け加える。


知識と熱狂のミックスは、Ennovaの経験にもみられる。そして経験は、1955年世代のフィオレンツォ・コドニョット社長がたくさんもっている。彼は、現在58歳。ゼロからスタートさせて5,000人の従業員を数えるに至った企業を率いている。


彼はその後、会社のもち株を売る決断をした。「わたしは自分がすべきことを終えました。実業家とはそういうものです。いつも挑戦し続けるのです」と、彼は説明する。新しい冒険は、まさにEnnovaと呼ばれるものだった。2010年に、これもまたI3Pで誕生して、「I3P 2013年のスタートアップ」としてインキュベーターによって選ばれた。


使命は、スマートフォンやタブレットを使って大組織のビジネスプロセスをシンプルにすることだ。いくつかのソリューションが、テレコム・イタリア、Vodafone、ENEL(イタリアの元国営電力会社)、Edison(イタリアの電力・ガス会社)のために開発された。


「遠隔サポートのサーヴィスを提供することもできます。企業向けもコンシューマー向けも、スマート用もタブレット用もあります」と、コドニョットは説明する。「わたしたちは20代と30代の若者たちと仕事をしています。彼らはスタートアップに熱意とイノヴェイションを注ぎ込みます。わたしは、市場の知識と戦略を提供します」。


ロンドンオリンピックでもリオでも利用されたシステム


アレッサンドロ・ブレスタは、Aqvatech Engineeringの創業者だ(前ページの写真に映っているのはプールに取り付けられた彼らのシステムだ)。彼は45歳で、共同経営者のなかで最も若い。全員で3人で、ほかのふたりのヴィットーリオ・タッリアとマルコ・ミラネーゼの年齢は56歳だ。2010年に、彼らはスタートアップを立ち上げた。


「わたしは技術マニアです。常に、利用可能な最新のテクノロジーの知識を得ることが好きでした。職業上の理由から長い間、世界のあらゆるエレクトロニクスの見本市に通いました」と、ブレスタは語る。それまでの人生で、彼はテレコム・イタリアの CSELT-TILab(電気通信実験研究センター:テレコム・イタリア・ラボ)や Hutchson 3Gのような研究センターで働いた。


その後、彼はマリオ・ボエッラ高等研究所の情報通信技術の研究者となった。そこで最初の特許「Virtual Trainer」が生まれた。名前はすでに多くのことを語っている。Aqvatechは、アスリートのトレーニング環境を改善するテクノロジーを開発している。Virtual Trainerは、プールの下に取り付けるLEDライトのシステムだ。順番に点灯するライトによって、これらはアスリートの「ガイド」として機能する。


アスリートたちは、スタート前に設定しておいたタイムをリアルタイムでチェックするためにこれを利用する。「現在、世界の150のプールに取り付けられていて、フェデリーカ・ペッレグリーニ、フィリッポ・マニーニ、グレゴリオ・パルトリニエーリ(いずれもイタリアの有名な水泳選手)のような偉大なチャンピオンたちがトレーニングをするスポーツセンターにあります」。


システムはすでにほかのスポーツを見据えている。「時間の要素が重要で、限定された競争路で競技するすべての分野で利用することができます。例えば陸上では、すでにポジティヴな確証を得ています」。大きな満足は、Waterpolo Visual Systemからも得られた。水球のフィールドのエリアを光で示すシステムだ。「ロンドンオリンピックの際に利用されて、リオデジャネイロオリンピックにも選ばれています」。


会社の構成員の平均年齢は53歳だが、さまざまなプロジェクトで仕事をする人に目を向けると年齢は下がる。「Arduinoで開発をする非常に若いシステム開発者たちがいます。わたしたちのところには、経営工学を学んで大学を卒業しようとしているインターンの女の子もいます。彼女はわたしたちが製品の分析をする手伝いをしています」。




n.

経済的諸問題の未来 | コメント:0 | トラックバック:0 |

アメリカのクラウドファンディングは"寄付"から本格的な"株式投資"へ; VCの淘汰も始まるか

techcrunchから引用。

Bylineから

【抄訳】


締切りを数百日も過ぎた今日(米国時間10/23)、SECの専門委員たちは全会一致で、スタートアップの株式クラウドファンディング(equity crowdfunding)の一般化/大衆化認めるにあたっての規則案を作成し公開諮問することになった*。これまでは株式クラウドファンディングは、SECから認可されている富裕な投資家にのみ許されていた。その規則案は長期の公開意見聴取を経てから、SECがあらためて正式に票決することになる。〔*: これまでのKickstarterなどで行われているクラウドファンディングは、法律的分類としては“寄付行為”。投資家がリターンを期待する株式投資ではない。〕


本格的なクラウドファンディングは、JOBS Actの三つのSEC対応項目の一つだ。それに関して今年の初めには、スタートアップに対し従来よりも簡便な報告義務を認めていたが、先月になってやっと、スタートアップや投資ファンドによる一般勧誘*(general solicitation)を禁じていた長年の禁令が撤去された。〔*: 非公開企業である小企業は、家族親戚友人など知人圏の25名に対してしか投資勧誘ができない。投資を広告などで一般的に募ること(一般勧誘)は不可だった。〕


SECの5名の委員が全員一致で採択した株式クラウドファンディングの規則案は、いくつかの制約を抱えたまま意見公募に向かうことになる。



まず、企業がクラウド(crowd)から調達できる資金は1年で100万ドルまで、となっている。また、年収20万ドル未満の者は、年収の一定率までの額しか投資できない。たとえば年収10万ドル未満の者は、その最大5%までまたは2000ドルまでしかクラウドファンディングできない〔10万ドルの人は5%==5000ドルではなく2000ドルまで〕。ただし現行案では、企業がクラウド投資家の収入を検証せよ、とはなっていない。しかしながらこの事案は、今度の意見公募における意見聴取案件の一つとなっている。


また、すべてのクラウドファンディング投資はCircleUpのようなクラウドファンディングポータル上で公開登録されなければならない。外国のクラウドファンディングポータルは、事前にSECの検査を受けなければならない。企業は投資家たち全員の正確なリストを記帳しなければならない。


【中略】


クラウドファンディングはママパパ投資家たちに危害を及ぼすこともありえる。だから、今回の規則案は制約を設けている。しかし実際には、クラウドファンディングが最大の危害を与えるのは、粗悪なベンチャーキャピタリスト(VC)に対してだ。この規則が成立すれば、スタートアップはそういうお粗末なVCたちにペコペコして物乞いならぬ金乞いをしなくてもすむようになる。これまでの身内だけと違って、一般勧誘ができる。そして誰でも(無認可の投資家でも)クラウドファンディングできる。この二項があることによって、スタートアップは自分たちのビジョンへの投資を、万人に求めることができるのだ。


<em>以下はSECの規則案の全文だ:</em>


<iframe height="500" width="100%" src="http://www.scribd.com/embeds/178469636/content?start_page=1&view_mode=&access_key=key-88yzvhj0me1n62ehx3e"></iframe>

[原文へ]

(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))





n.

経済的諸問題の未来 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ユニクロが過酷労働報道を巡って文春に全面敗訴でござる

やまもといちろうブログから引用


Bylineから

 これはやってしまいましたなあ… もっとも、地裁ではありますが。


ユニクロ側が文春に全面敗訴 「過酷労働」記事の訴訟

http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013101801001486.html


 まさかのゼロ回答でござるよおっかさん。全面的に退けられておる… 大口の裁判を吹っかけていて返り討ちを食らって東京地裁からブラック認定を浴びるとは相当の芸達者といえましょう。もっとも、文春のことだからちょっとは吹っ飛ばしているのかと思ったんですが、主要な争点のみならずそのほかの部分も事実認定されてしまうとは。文春の皆さん申し訳ございませんでした。

 ただでさえ労働行政をどうしようという文脈でいろんな動きがある中でこれですから、相当に影響のある事案であろうかと思います。ある意味で、この界隈は天井を打ったっていう認識でいいんでしょうかねえ… むつかしいところですけど。


 今後は社名を「ユニシロ」にして再出発していただければと思います。




経済的諸問題の未来 | コメント:0 | トラックバック:0 |

橘玲 「大震災のあとで人生について語るということ」

久しぶりに、橘さんの本を買いました。(買ったのは、発売直後)
タイトルが、いかにも時流に乗って、本を売りたいという感じで、いやだったのですが、
本屋で少し立ち読みしたところ、割と、マトモだったので、買ってみました。

↓発売直後は、西新宿の小さな本屋では売り切れ、荻窪の本屋で買えました。

大震災の後で人生について語るということ大震災の後で人生について語るということ
(2011/07/30)
橘 玲

商品詳細を見る

橘玲 「大震災のあとで人生について語るということ」…の続きを読む
経済的諸問題の未来 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。