A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

フランスの学歴エリート社会


前回の記事で、日本の天下りと学歴社会、エリート・システムについて、書いた。
そこで、すこし気になったので、外国の学歴社会、エリート・システムのうちから、学歴社会では、日本以上に強固といわれる、フランスのシステムについて、調べた。
フランスには、高等教育(つまり、日本の高校卒業後の大学などのレベル)として、英米流の大学(University)以外に、エリート養成学校的な、グランセコール(Grandes Ecoles )と呼ばれる学校群が存在する。大学は、大学入学資格(バカレロア)をとれば、誰でもどこの大学でも入学できるという普通の国民大衆のための学校で、グランセコールは、国家レベルのエリートの専門的養成のための特別な学校。
グランセコール入学のためには、猛烈な受験勉強が必要で、卒業後のキャリアは、上位校であるほど、特別な待遇が約束されている。グランセコール自体は、200校くらいあり、このうちの一部が名門校と言われている。入試自体もコネや家柄などが影響するとの意見もあり、公平性には疑問がある。
ちなみに、日産のCEOとして、リストラ再建に、手腕を振るった、カルロス・ゴーン氏は、理工系の超エリートのグランセコールのパリ国立高等鉱業学校の出身である。
ゴーン


また、文系のENA(フランス国立行政学院)は、官僚・政治家のほとんどが、ここの卒業生であるといわれている。ちなみに、現在のサルコジ大統領は、めずらしくENAの卒業でないことが話題になった。したがって、実際のところは、なかなか外部者がちょっと調べたくらいでは、真実はわからないのだが、グランセコールが絶対ではないものの、日本以上の学歴社会だという話も理解できなくはない。
また、フランスに天下りが存在するかどうかは不明。
フランスでは、このようなグランセコールによる社会的エリート養成の学歴社会の仕組みについては、国民が支持しているようである。
フランスでは官僚の天下りは、存在するのでしょうか?日本のように、既得利権化しているのでしょうか?フランス国民は、どう考えているのでしょうか?ゴーンさん、サルコジさん、教えてくれませんかね(笑)。あ、国会議員の片山さつきさんも国費でENA留学してるようですので、友達に聞いてみてくれませんかね(笑)。
ブログAuthorは、なんとなく、大統領が、何人も愛人を持ってても当然という国なので、天下りも当たり前だという話しかも知れないと思ってます。

こういうフランスみたいな国を見てると、先進国といっても、しょせんは、この程度のことだから、日本もいまのままでいいという考え方もありかなと思ってしまうところが、ちょっと怖い。

ブログAuthorは、Futuristとして、政府より企業、企業より個人(家庭)という民度の向上を重視しているので、ここで思考停止しないで、官僚制度や学歴社会とエリート主義、民主主義について、さらに考え続けたいと思います。










スポンサーサイト
世界の枠組みについての未来 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。