A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

社会の中のフィナンシャル・フリーダム的個人 その2 年金生活者の場合

前回の記事(==>社会の中のフィナンシャル・フリーダム的個人 その1 金融系の場合) において、金融のプロフェッショナルの事案を中心に、フィナンシャル・フリーダムを概観してみました。
今回は、もっとずっと、身近な、年金生活者について考えてみたいと思います。
普通、会社員は、終身雇用制度のもとにおいては、定年(通常は、60歳)まで、サラリーマンを続け、定年退職後は、いつかは、仕事による収入がなくなり、60才あるいは65才からの公的年金あるいは、公的ではない年金を主な収入として、生活することになります。というか、そういうモデルを前提に、日本の社会は、つくられていると考えましょう。
すると、ほとんどの日本人は、最終的には、例外を除いて、年金生活者というフィナンシャル・フリーダムを獲得すると見ればよいのでしょうか?
社会の中のフィナンシャル・フリーダム的個人 その2 年金生活者の場合…の続きを読む
スポンサーサイト
経済的諸問題の未来 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。