A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

アングロサクソン的世界モデル

世界の枠組みの未来について考えるのも、このブログのコアなテーマのひとつです。19世紀に世界を制覇したイギリス、20世紀に世界の圧倒的リーダーとなったアメリカ合衆国、この流れのなかで、つくりあげられてきた「アングロサクソン」と通称されることの多い、さまざまなシステム。株式会社、金融資本市場、企業統治、公用語としての英語、大学システム、などなど。西欧文明の正当的継承者を自認するアメリカ。ソ連解体と冷戦構造の消滅のあと、グローバリゼーションの波動が世界を揺らした。アングロサクソン的世界モデルは世界の未来を制覇するのか?じっくりと検証していきたいと思う。
世界の枠組みについての未来 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<増田米二 その1 | HOME | Futuristの定義への試み その1>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。