A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

8月は、夏目漱石の季節か?

最近、急に、当ブログの夏目漱石について書いたページへのアクセスが増加した。
8月に入って、その勢いが増し、いまや、毎週のアクセスの最も多い記事になっている。驚きである。
ブログAuthorは、今年の一月に、夏目漱石の「こころ」について、ふたつ記事を書いた。

=記事1=>初詣と夏目漱石

=記事2=>夏目漱石 「こころ」

である。
ブログAuthorは、Futuristとして、生まれながらにして、フィナンシャル・フリーダムを獲得したラッキー・ボーイの心の物語であり、それが何故日本の国民文学として評価されているかという観点から、読み解いた。
書いた直後は、大したアクセスはなかったのだが、時間が経つにつれ、アクセスが増えるという珍しい現象だ。
なぜだろう。
最近、日本の過去の著名作家の小説が人気という話もあり、そのトレンドで、読者層が厚くなっているのか。
また、7月8月は、学校の夏休みなので、読書感想文の題材に、漱石の小説が好まれているのかも知れないと思う。
たしかに、夏目漱石、こころ、あらすじ といったキーワードで検索してくる人が多い。
真の原因は、不明。
どちらにしても、これだけ、アクセスが多いと、このブログのFuturistブログとしての、方針(スタイル)に影響を与える可能性を感じる。
つまり、人々は、お金や経済のことも大切だけど、日本人としての「こころ」の問題について、真剣に考えたいのではないか。
ビジネス書や、理論の書よりも、もっと自由な小説の世界を求めているのではないか。
もちろん、単に、このブログのほかの記事が、つまらないだけと見るのが普通だろう。
どちらにしても、漱石のような優れた作家の作品について、より多くの研究時間を割いてもよいような気がしてきた。もちろん Futuristとして。


Futuristの日々雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ドラッカー的日本の未来 その1 | HOME | ドラッカー 「経済人」の終わり を読む その2>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。