A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ゆえに人々は、ジム・ロジャーズを愛する - アメリカ大統領選挙

ひざびさに、ジム・ロジャーズについて、書いてみようと思います。
ブログAuthorは、今回のアメリカ大統領選挙レースは、予備選の前から党大会まで、ちょこちょこと状況をチェックしてました。わりと、見てて面白いです。4年に一度であるし、やはり、世界中が注目してますからね。オリンピック観戦と思えばいいでしょう。
民主党の最有力候補だったヒラリーさんが、ヒラリー嫌い派の台頭によって、オバマさんに道を譲っていく過程なども、なかなか見ごたえありました。どちらかというとコスモポリタンでリベラルな価値観になじんでいるブログAuthorからは、実感しにくいですが、マケインさんみたいな、いかにもアメリカ臭さの漂う保守派の根強さも勉強になります。

さて、ジム・ロジャーズですが、⇒前回の記事では、「中央銀行解散すべし」と主張していました。
今回は、みかんさんのジム・ロジャーズ情報ブログによれば(==>参照記事)、CNBCの取材において、ジムは、オバマ、マケインどちらが大統領になっても、現在の経済問題を解決できず、事態はますます悪化すると述べました。
まとめますと、

(オバマ、マケイン)の両者とも世界で、何が進行しているかを理解していないし、為替相場、経済そして世界についても理解していない。両者とも問題を解決しようとして、実際には、より多くの問題をもたらすだろう。
アメリカはすでに、最大の債務国であるのに、さらに、金を使おうとしているオバマ。
ウォール街の友人のために、ウォール街を救おうとしているマケイン、バーナンキ。
国民の負担で、ウォール街の友人を救うべきではなく、本来は、失敗した銀行は、破綻させ、あたらしいシステムを作るべきなのに、どの大統領候補もそうしないだろう。


そして次のように締めくくります

もしあなたがたまたま(大統領選挙の)勝者の友人であれば、次の四年間、より良い時間を過ごせるだろう。しかし残りの私達、3億人のアメリカ人にとってはより悪い状況になる。実際、世界はひどい状況になる。


いつもの痛快なジム節がでています。
ブログAuthor自身は、経済見通しについては、政治家の意見より、ジムの意見を圧倒的に信頼しています。一方で、大統領選挙の行方や、その過程については、これまでどおり興味深々で、見ていくつもりです。評判の悪いブッシュ路線を継承するマケインを、再びアメリカ国民が大統領に選ぶのかどうか。リベラルなアメリカを取り戻したいと考えるのかどうか。それは、やはり、現在の世界の現実を冷静に認識するのに役立つと思っています。
さて、ここで、日本の政治に目を移します。
福田さんが、辞職してしまい、7人!?もの総裁候補が乱立しつつある状況ですが、ジムの言葉にならって言えば、誰が自民党の総裁になり、総理大臣になっても、いまの状況を打開できないのではないかと感じます。さらに言えば、民主党に政権が移っても、あまり変わりがないようにも思えます。
なぜかという理由のひとつには、彼らは、⇒ブログAuthorの以前の記事ドラッカーの指摘した論点をまじめに解決するレベルに達していないからです。これについては、また後日詳しく論じたいと思います。

さきほど、CNBCのジムのインタビュー記事を見ていたら、ついでに、ジムのインタビューVIDEOを見つけました。巨額負債を抱える政府系住宅金融機関のフレディマックとファニー・メイを救済しないで、倒産させるべきだと言っています。徹底して、どこまでもジム・ロジャーズを貫いています(笑)。この2社が倒産すると結構衝撃は大きいと思いますが。

↓これです。
Let Fannie、Freddie Fail:Jim Rogers





Futuristの日々雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Cafe好きブロガーのCafe遍歴 その5 ドトール・コーヒー 銀座 | HOME | ドラッカー的日本の未来 その1>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。