A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

増田米二 その1

雑誌The FUTURISTの2007JULY-AUGUST号に、Yoneji Masudaが紹介されていた。World Future Societyの創設時からCommunityに参加しており、会から本も出版しているようだ。ネットで調べると。1960年台から、コンピューター社会や情報化社会について、たくさん本を書いている。現在は、ほとんどの著作は販売終了している。ネットでの情報いろいろある。
1983年の講演記録を見ると、あまり刺激されるようなないようではないが当時としては、先見性があったのかもしれない。http://www.geocities.jp/ryuryuiso/Research/Gzyutu/DT-Sangyou-Masuda-abst.html
基本的に、コンピュータ化、情報化、機会開発、インターネットがキーワード。
増田米二を絶賛している人もいる。http://www.mmbc.jp/mmbc/inter/net/980220ne-1.html

続きはこちら↓
どうやら、1960年代には、世界的に、コンピューター化や未来学がテーマとして隆盛した時代があり、そのときに。日本発の知的リーダーとして、有名だった人のようだ。コンピューター学者、未来学者として認知されている。



Futurist 人名録 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<トフラー「富の未来」 その1 速度の違い | HOME | アングロサクソン的世界モデル>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。