A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「猿の惑星」化する伝統的大組織 その4

映画 「猿の惑星」 を見ました。
猿の惑星 ― Planet Of The Apes (初回限定盤)猿の惑星 ― Planet Of The Apes (初回限定盤)
(2001/12/14)
マーク・ウォルバーグティム・ロス

商品詳細を見る


チャールトン・ヘストン主演のオリジナル版(==>参照)では、なく、リメイク(リ・イマジネーション)版です。
猿のメイクや、映像処理は、高度なのですが、オリジナル版ほど、感動がないというのが、素直な感想です。
猿が、人間を支配していることの、怖さ、が、うまく表現できていないように感じました。
唯一、いいなと思ったのは、終わりのほうで、主人公が、宇宙船にいたときの、訓練仲間のチンパンジーが、シャトルに乗って登場するシーンでした。
ブログAuthor的には、この映画より、現実の、猿の惑星化しつつある、伝統的大組織の実態のほうが、よほど、怖いという気がしてしまいます。
つまり、猿の惑星を見るなら、ぜひ、オリジナル版をどうぞ、というお話でした。
仮想世界とSF,表象文化,芸術 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<iPhoneのパケット料金 100万円超 | HOME | iPhoneとサイクリング>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。