A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ピカソ展

先月の話しになりますが、六本木の国立新美術館とサントリー美術館で、共同開催されているピカソ展を見に行きました。
(どうも今日が最終日のようです。)
新美術館のほうは、通算2回見ました。サントリーは、1回だけです。
パリのピカソ美術館が改装のため、そこの所蔵作品が、大量に、陳列されていました。
たしかに、これだけ、ピカソばかり、見るのは、はじめてです。
もともと、ピカソ美術館の所蔵品自体が、ピカソの遺産相続人たちが、相続税を払うために、現物納税したものが、中心なので、作品に一定の傾向があります。
つまり、お金持ちが、大金で買ってくれそうな名画、大作は、あまりない。ピカソ自身の自画像や、妻、恋人など、身内をモデルにした作品が中心。
ということで、事前の期待が高すぎたため、ちょっと、期待はずれでした。
やっぱりピカソは、これぞという、名画をひとつだけ、見たほうがよいのかなと思ったりしました。

 父 「今日のピカソ、どうだった?」
 子 「ピカソ.....フツーだよ、フツー」



ピカソの良さは、理屈を超えて、絵から、見るものの心に、ダイレクトに、突き入ってくる感動だと思います。とくに、ピカソ以前の伝統的な名画と、ピカソを並べて見ると、見るものの心に、与える感動の質に、あきらかな違いがあるのです。
ブログAuthorは、ピカソが大好きです。
↓ピカソ マリー=テレーズの肖像
ピカソ

Futuristの日々雑感 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<社会の中のフィナンシャル・フリーダム的個人 その1 金融系の場合 | HOME | 大規模なファミリー・リストラの始まりか?>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

サントリー美術館についての情報です。 …
2009-02-13 Fri 16:00 サントリー美術館
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。