A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

本屋が恐い

カールバーグは、実は、本屋に行くと、妙に、気が落ち着かない。
なぜか、心理的圧迫感を感じてしまう。
本棚せましと並べられているたくさんの本たちが、「買ってくれ!買ってくれ!お願いだ!オレを買ってくれ!」と叫んでいるような気がしてしょうがない。
同じようなタイトルの本が、たくさん並んでいる。
違いは、ほとんどわからない。
なぜこんなに、たくさん本を書く人がいて、本を出版する人がいるんだろう。
2年後には、ほとんどの本は、店頭から消えている。
僕は、なぜ、本屋に来て、こんなに、並んだ本たちを眺めているんだろう。
目が回って、気が遠くなりそうだ。
だから、最近は、最初から見るコーナーを決めている。
できるだけ、狭い範囲を、ちょっとだけ、見る。
本屋が恐い...





Futuristの日々雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<世界2500言語消滅危機? | HOME | NHK 沸騰都市"東京(TOKYOモンスター)” >>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。