A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

当ブログのアフィリエイト成績

当ブログは、書籍を引用したり、紹介したりする場合に、便利なので、Amazonのアフィリエートを使っています。画像や、本のタイトルが、きれいに、埋め込めるんですね。
それでも、やはり、このブログの内容からして、誰も、このブログのアフィリエートから、本を買わないだろうと思っていました。買ってもらおうという期待はもっていないのが、現状です。
実際、ときどき、Amazonから、送られてくるレポートでも、売り上げは、ほぼZEROです。
ところが、ときどき、なんだか数字が入ってくるのです。
そこで、疑問を持って、調べてみました。




そして、わかった、意外な事実。
「大前研一 敗戦記」が、何冊か、アフィリエートで、売れていたんです。
取り上げたブログ記事は、こちら=>「大前研一敗戦記」を読む その1

↓本は、これです。
大前研一 敗戦記大前研一 敗戦記
(1995/11)
大前 研一

商品詳細を見る


本は、もう新刊は、絶版で売っていないので、ブログ読者の何人かは、中古本を、アマゾンのマーケットプレイスから買って頂いたということが分かりました。
ありがとうございました。
この本は、実際、お勧めです。
大前研一さんのファンの方にも、アンチ大前研一の方々にも、お勧めの貴重な本です。
昔もいまも、大前さんの本は、ほぼ同じトーンで書かれたものが多く、沢山読んでも、結局同じこと書いてるだけのようにも感じます。ただし、この本は、例外的に、面白いんです。
大前さんが、いつもの強く、エリートみたいな大前節を書き連ねるのではなくて、自分の弱さ、愚かさを、さらけ出しているのが、いいんです。
しかし、この本が、当ブログの売れ筋商品(笑)であるとは、本当に驚きました。
では、また
Futuristの日々雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<カリフォルニア州の財政破綻(?)のこと | HOME | 大学教授の不祥事>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。