A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

原丈人さんの公益資本主義

最近、気になる人。
シリコン・バレーで活躍する日本人というと、梅田望夫さんとか有名な人結構いると思いますけれど、原丈人さんには、相当びっくりしましたね。びっくり度合いからすると、元エイリアン官僚の高橋洋一さん以上かも知れません。
ほぼ日でも、インタビュー記事載せてます。
最近の記事は、↓
とんでもない、原丈人さん 第4部 アフリカへ

わたしは、原さんの本を読んでみました。↓(オススメ ですよ~)
21世紀の国富論21世紀の国富論
(2007/06/21)
原 丈人

商品詳細を見る



どうやら、この人も、現在の金融危機を予見していて、あれは、だめだから、市場万能型資本主義じゃなくて、公益資本主義をめざしましょう、と主張しています。
中米で、考古学勉強してたかと思うと、スタンフォードのMBAでて、シリコンバレーで、ベンチャーキャピタリストで、成功して、先端の技術と、バングラディシュみたいな、ど貧困開発途上国のプロジェクトを結びつけて......いや~、まったく、インディー・ジョーンズみたいな、というか、本人は、シュリーマンに憧れてるようなんですけど、びっくりな日本人です。
ちょっと詳しくは、書ききれませんが、ジム・ロジャーズに対抗できる数少ない日本人のひとりであることは、間違いないでしょう。
原さんの、アメリカ型資本主義への批判は、手段と目的を取り違えているということでしょう。ビジネス・スクール(MBA)への批判も、厳しく、手段でしかないようなことを目的であるかのように教えるのはくだらないと言っています。
目的(原さんの場合は、公益=社会に貢献すること)の達成のために、株式会社、国連、NGO組織などを、柔軟かつ効果的に、自由に駆使して、活躍する原丈人さんは、糸井さんのインタビューや、著書の文体も淡々としているけれど、ちょっと、異次元の未来を感じてしまいます。
コンピュータ時代の終焉とPUC(パーベイシブ・ユビキタス・コミュニケーション)時代の到来の話しも、独特な視点で面白いし、発展途上国でのビジネスの可能性や日本の未来像の提言もあって、スケールの大きさもただ者ではありません。
日本人Futuristの真打かも知れませぬ。
アングロサクソン流金融資本主義のえげつない顛末に、吐きそうなほど気持ち悪い今日このごろ、
ひさびさに、気持ちの良い日本人を見つけた感じです。

↓参照
週刊ダイヤモンドの「公益資本主義にむけて」

経済的諸問題の未来 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<NHKスペシャル マネー資本主義<2> “超金余り”はなぜ起きたのか? | HOME | 国宝 阿修羅展>>

この記事のコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
2014-07-25 Fri 04:29 | | #[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。