A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

名古屋市長の河村たかしさん

サンデープロジェクトで、名古屋市長の河村たかし さんの特集があった。
最近、大阪府や、宮崎県など、ユニークな地方自治体首長が、次々と出てきて、よい傾向かなと思っていたが、
名古屋の河村さんは、かれらと比べても、一段とユニークで、強烈だ。

↓河村名古屋市長 いつも モーレツな 名古屋ことば
河村2

以前国会議員だったらしい(知らなかった)。


河村たかし Wikipedia

議員特権(議員の高報酬、高待遇、高額年金)と戦うことを目標としていたようで、議員仲間にも嫌われて、絶えず少数派。民主党から、総理を目指し、党首選挙に、挑戦し続けるも、推薦者20名を、いつも確保できずにいた河村さん。
市長選挙でも、「減税しないで、構造改革しても、役所の中で、金が、右から左に動くだけ。議員と役所が結託して、庶民をごまかしてる。」などと言ってはばからず、愛知県半田市に続いて、市民税10%減税を、強引に、成立させてしまった河村さん。
サンデープロジェクトでも、田原さんはじめ、常連のコメンテーターは、あまりの激しさに、ただ唖然、言葉もでないという感じだった。
こういう人が、存在したことすら驚きだったが、河村さんみたいな人が、市民の圧倒的支持で、地方行政をしきることを求められているのが、いまの日本の現実だと認識するべきだ。しばらくは、河村さん、はじめ、元気な地方自治体から、目が離せない。
日本の未来 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<明けましておめでとうございます。 | HOME | クラウド関連の本 追加一冊>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。