A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

宇宙旅行シンポジウム

先週、新橋 航空会館で開催された第3回宇宙シンポジウムに参加してきました。
↓参照
第3回宇宙旅行シンポジウム実施の概要報告

宇宙シンポ3

なかなか充実した内容で、しかも無料のシンポジウムです。
宇宙旅行 と 有人宇宙開発の世界の最前線の状況が、かなりまとめて、説明を聞けました。
↓大貫さん
宇宙シンポ3C

↓橋本安男さん
宇宙シンポ3D

民間の一般人が、手軽に宇宙旅行に参加できるには、まだ、時間がかかりそうですが、着実に、前進しているし、熱い情熱を持って推進している海外の(!)民間企業の努力は、感心いたします。
あれ、たしか、日本にも、宇宙旅行ベンチャーの企業があったはずだけどな。

↓参照記事
日本製有人宇宙機で、ひとり40万円で宇宙旅行?


さて、シンポジウムの議論は、主に、日本の有人宇宙開発、とくに国家戦略のほうへ、焦点があたっていました。有人宇宙飛行の、人命に対する危険性の問題と、他国(米、中、インド、ロシア)が、有人宇宙飛行への国家的投資を続けているのに、日本は、2足歩行ロボットを月に送るだけでいいのか、っていう議論でした。
↓講師の面々
宇宙シンポ3B

どちらかというと、日本も、他国に負けずに、有人宇宙飛行に投資するべきだという人がほとんどだったように思います。けれど、カールバーグは、少し違和感があり、これは、宇宙旅行シンポジウムだから、いかに、早く、快適に、安全に、そして安価に、普通の人が、宇宙体験ができるか、が最大の課題で、日本だろうと、中国だろうと、頑張る国家や企業は、どこでもいい、どんどん競争して、早く、快適に、安全に、安価に、宇宙旅行できるようにしてくれる組織を応援したいと思います。
↓いまのところ企業ベースで、先端を行くバージンギャラクティク
宇宙シンポ3E

ま、気持ちとしては、日本の企業が、やってくれれば、言語や、安全配慮や、その他もろもろの便利なこともあるので、セカンド・オピニオンとしては、日本も頑張れば、ってとこもあります。
ただ、日本の未来にとっては、宇宙への進出より、もっと深刻なテーマが山ずみだと思うので、それどころではないのでは?と思います。米、中、印、露ってみな、かって大国、そして、次の大国を目指している国ばかり。変な金食い虫プロジェクトに、税金を無駄に投入しないでほしい気持ちが働いてしまいます。

Futuristの日々雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ぐーたら☆丸の内 その3 歯医者 | HOME | ぐーたら☆丸の内 その2 KUA AINA>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。