A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

クラウド関連の本 3冊

クラウド関連の本を3冊ほど、読んでみた(流し読み)。
一番よかったのが、クラウドの衝撃――IT史上最大の創造的破壊が始まった
野村総研のアナリストの執筆なので、バランスよく、重要なポイントをはずさず、基礎調査はしっかりと、大きな潮流をそれなりに、読み込んでから、書かれている。読むと、クラウドがかなりわかったような気になるのが、嬉しい。

クラウドの衝撃――IT史上最大の創造的破壊が始まったクラウドの衝撃――IT史上最大の創造的破壊が始まった
(2009/02/06)
野村総合研究所 城田 真琴

商品詳細を見る

クラウド グーグルの次世代戦略で読み解く2015年のIT産業地図は、グーグルの戦略を分析しながら、クラウドの未来を予測しようとしている。著者は、通信業界のリサーチャーなので、独特の視点が面白い。グーグルの壮大な投資計画(原子力発電や、NASAとの提携、海底ケーブル、WIMAX、衛星通信、光ファーバー、イーサ・スイッチ開発)を、グーグルのクラウド戦略と重ねて分析するところは、大変面白く、引き込まれた。
また、クラウドの大きな潮流として、前半のサーバー中心のクラウド・コンピューティングの時代から、後半の無線ネットワークの発展によるモバイル・デバイス中心のクラウド・デバイスの時代への移行を想定しているところは、良いシナリオだと感じた。


もう一冊は、クラウド・ビジネス入門 だが、カールバーグは、この手の本は、どうも退屈で、まともに読むことができなかった。普通の技術系ビジネスマンが、頑張って、書いた本という水準を越えていないと思う。

クラウド グーグルの次世代戦略で読み解く2015年のIT産業地図クラウド グーグルの次世代戦略で読み解く2015年のIT産業地図
(2009/02/26)
小池 良次

商品詳細を見る
「クラウド・ビジネス」入門 -世界を変える情報革命「クラウド・ビジネス」入門 -世界を変える情報革命
(2009/02/21)
林 雅之

商品詳細を見る

いずれにしても、今後何年かは、クラウドの分野で、通信、IT業界を挙げた壮大なバトルが展開されることは、間違いないだろう。果たして、最後に笑うものは、誰か?
競争させられる企業は、大変だが、ユーザーは、この大競争の果実を、楽しみながら、味わえば良いのだから、できれば、ユーザー・サイドにいて、うまく活用することを考えたい。
科学技術の未来 | コメント:0 | トラックバック:1 |
<<JAL問題と 小宮一慶さん | HOME | ベーシック・インカム その4 ベーシック・インカムと日本国憲法>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

以前に クラウド関連の本 3冊 を書きましたが、追加です。 ↓ クラウド大全 サービス詳細から基盤技術まで(2009/04/23)日経BP社出版局商品詳細... …
2010-01-02 Sat 00:42 A Futurist's blog
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。