A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

久しぶりに 盛り上がった 朝まで生テレビ「官僚は本当に悪いのか」

きのうの(27日深夜)の 朝まで生テレビは、かなり議論白熱して、テレビらしくなく、盛り上って面白かった。
高橋洋一さんも、元気に出演して、さすがに切れ味のよい議論をしてました。貴重な論客なので、頑張ってほしい。
事業仕分け をめぐっての、議論が、出演者が、それぞれ、立場の違いがはっきりでて、議論も新鮮だった。
この日については、実際に仕分け人(の補助役?)として、作業に参加した ジャーナリストの若林さんの発言が、一番よかったように思う。とくに、NICUという医療関係の予算について、猪瀬さんを、問い詰めたりしたところは、猪瀬さんが、タジタジとなって、見ごたえがあった。田原さんも言ってたけど、「若林さん、頑張って」と声をかけたくなった。
↓若林さん
若林

番組が盛り上ったのは、「事業仕分け」という”ネタ”が、新鮮だったということだろう。
平凡な意見だが、こういう、取り組みは、試行錯誤で、いろいろ批判も問題もでてくるだろうが、民主党さん、どんどんやってほしいと思う。批判するほうも、どんどん批判したらよいと思う。


Futuristの日々雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<まじめで勤勉で堅実な、友人Aとの対話 その1 「デフレ、インフレをめぐって」 | HOME | JAL問題と 小宮一慶さん>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。