A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

クラウド関連の本 5冊目

クラウド関連の本が 5冊目になりました。

クラウド関連の本 3冊

クラウド関連の本 追加一冊

↓今回は、これ
クラウド化する世界クラウド化する世界
(2008/10/10)
ニコラス・G・カーNicholas Carr

商品詳細を見る

著者は、昔ハーバード・ビジネス・レビューの編集者だった人。いまは、ビジネス・ライター?
元編集者だけに、文章は、洗練されているが、いまとなっては、内容的に、特筆する点は、感じなかった。
クラウド化していくコンピューティングの世界を、電力のようなユーティリティ化する方向でとらえてみたりしているが、最近の、スマート・グリッド化する電力事情の現実は、すでに、著者の頭脳を追い越してしまっているような気もする。ビジネス雑誌の編集者というのは、新しいテクノロジーの表出を、文章力で、描くことはできても、しょせんエンジニアではないし、著名な人物の発言や論文の記述を、もっともらしく、まとめているだけにしか見えない部分がかなり多く感じた。
つまり、退屈なのだ。
結局、この著者は、なにを読者に訴えたいのだろうか?
著者のニコラス・G・カーは、以前、「ITにお金を使うのは、もうおやめなさい」を書いて、IT投資がビジネスにさほど影響していないと主張したらしい。
そーすると、つまり、ITに投資しないで、クラウドを安価に利用していけばよいし、それが、ろうそくの炎を発明し、電球や電気を発明してきた、人類の文明進化であると、ま、こういうことでしょうか?
う~む、なんか、いまいち、合点がいかないでしょう?
科学技術の未来 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<カンブリア宮殿 ユザワヤの会長 | HOME | 坂の上の雲 と 日本的思考>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。