A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

仮想空間での瞑想 その2 エピクロス

前回の記事で、SecondLifeで瞑想するスナップを掲載した。http://ft2007.blog112.fc2.com/blog-entry-25.html
そこで静かに思索していたら(実はボーッとしてただけ?)、古代ギリシャの哲学者 エピクロスになったような気がしてきた。(すこし自己陶酔)
エピクロスは、古代ギリシャの都市アテネの哲学者で、アタラクシア(心の平安)を、人生の最大の価値であるとし、苦痛や欲望の虜になることなく、自由な思考こそが快楽であると説いた。アテネに小さな土地を買い、庭園を作り、「エピクロスの花園」と呼ばれる共同生活の学園を創設し、多くの学徒に慕われた。(B.C.307)プラトンが、アテネ郊外に「アカデミア」と呼ばれる学園を開いて(B.C.387)から、約80年後のことだった。

エピクロスについては、
http://www.ne.jp/asahi/village/good/epikuros.html
http://homepage1.nifty.com/kurubushi/card68483.html




仮想世界とSF,表象文化,芸術 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<未来的エピキュリアンの魅力 | HOME | 仮想空間での瞑想>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。