A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ぐーたら荻窪 その3 ねじめ民芸品店

正確には、荻窪ではなくて、阿佐ヶ谷なのですが、パールセンターという有名な商店街をぐーたらWALKしていたら、
ねじめ」というノレン(看板?)が、目に入りました。







あ、確か、詩人のねじめ正一さんのお店が、阿佐ヶ谷の商店街にあったことを思い出しました。「僕の青春は、店番だった....」と語る、ねじめさんの、インテリ臭がなくて庶民目線の、独特の語り口とエネルギーは、わりと、気に入ってます。
この看板の字体も、とても味わい深いですね(笑)。
では、また

↓ お店のホームページ
ねじめ民芸品店



高円寺純情商店街 (新潮文庫)高円寺純情商店街 (新潮文庫)
(1992/04)
ねじめ 正一

商品詳細を見る




荒地の恋荒地の恋
(2007/09/26)
ねじめ 正一

商品詳細を見る




Cafeと都市とエロスと | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ぐーたら荻窪 その4  トマト | HOME | 社会保障を語ることの難しさ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。