A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

小澤征爾さんのテレビ番組

テレビを買ってしまったので、ついつい、いろいろ見てしまう。REGZAなので、とりあえず、なんでも録画してしまう。NHK BS-Hiは、ハイビジョンのなかでも、データ量が多いので、画像が綺麗。いまは、BS ベスト オブ ベストという特集で、いろいろ流しているので、その中で、指揮者の小澤征爾の番組を4~5本、見た。
小澤征爾さんは、とにかく、現役日本人としては、異例というか傑出して、世界的に活躍しているように思うが、なぜか、日本国内からは、遠い存在に感じるのは、なぜだろう。

ozawa
数年前に、文化勲章はもらっているので、客観的には、評価されているわけだが、なんとなく、日本の庶民には、受けないタイプというか、苦労しないで、わがままやりほーだいで、どんどん成功したやつ、って心情的に共感されないというか、ま、ほとんど、欧米で活動して、欧米で評価されてるからか。。。。彼自身が、西洋音楽を極めたいって夢はあるけど、たぶん、彼の中に、あんまり日本への志向性がないからじゃないか、と思ったりした。
ただ、彼の番組をたくさん見たら、とっても、面白くて、彼の言ってることが、わかりやすくて、明快で、なるほど、ほんとに、まじめに、音楽を追求して、徹底的に勉強を日々続けてるのが、わかって、それも、たぶん、若いころから、ずっと続けてきて、なるほど、西洋クラシック音楽やるとか、指揮者やるってのは、そういうことかとか、わかったような気になったね。
ほとんど飾り気なくて、この人は、音楽がすべてなんだろうな、それで幸せな人なんだな、と、グローバルな日本人というより、あっさりと天性のモナドな人なんだな、と、不思議な感覚が残った。
Futuristの日々雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<坂本龍馬と坂の上の雲と 自分の中の古臭い無意識 | HOME | ぐーたら荻窪 その7 大田黒公園の紅葉ライトアップ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。