A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

堀江貴文さんの新たな立ち位置?

以前の記事で、堀江貴文さんの再評価の可能性について書いた。

堀江貴文さんの 再評価は、どういう展開となるのだろう

また、2月初週の朝まで生テレビが、わりと面白くて、とくに、堀江貴文さんを中心に、
堀江貴文
東京都副知事の猪瀬直樹さんと、
猪瀬直樹
大学教授で作家の東浩紀さんと、東浩紀
元DOCOMOの夏野 剛さんが、夏野剛
ひとつのグループみたいになっていて、
日本社会の保守的な組織の変わらなさを嘆きながら、反抗して、気持ちは、堀江みたいに言いたいんだけど、やっぱり、それは、あまりに、空想的理想主義になっちゃって、現実に勝てないことが分かりきっているので、そこは、堀江を押さえて、大人にならざるを得ない、訳だが、基本的な、伝統的日本社会に対する異議申立ては、堀江ともどもやめないぞー、みたいな、妙な、連帯感みたいなものが漂っていて、面白かったね~。
 つまり、堀江貴文さんの再評価は、まだほとんどなされていないと思うのだけれども、やっぱり、アイツはすごい。アイツの正しいとこは認めざるを得ない部分があるし、オレのやりたいことも実は、同じようなことだから、共同戦線はってもいいかな~ みたいな感覚が、一部の少数派の体制不満なアクティブ・リーダー層に、生じてきている感じがしました。
ま、しかし、これとても、単に、依然として、若者に強い支持のある堀江さんの力を、自分の業績アップに利用してやろうと考えているだけかもしれず、腹の底までは、読めません。

ま、カールバーグの思い過ごしと、気になさらず......
では、また
日本の未来 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<大企業正社員の知人Cとの対話 <1> ストレス管理? | HOME | JICA理事長インタビュー>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。