A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

iPhoneとiPadと東京電波事情 その2 スマートフォン戦争の勝者?

倉本由香利さんのブログで、ちょっと面白い記事を発見。

スマートフォン戦争の勝敗はついたのか

AppleのiPhone,iPadと Google/Androidのスマートフォンの競争で、Androidの販売数が、Appleを上回っていることから、Androidの優勢?を主張する人が少なからずいるわけだが、カールバーグは、ず~っと納得できずにいた。その違和感の根拠が、その記事(正確には、大元の、CNETの記事に掲載されたAsymco調査会社?)から、多少なりとも、解明できる。

mobile-phone-market-profits
つまり、本質的には、Andoroidは、端末の数だけは、叩き売りみたいにして、売りさばいているが、利益について、分析すれば、勝っているといえるのは、APPLEとSAMSUNGだけ。それも、ほとんどは、Appleの一人がち。
SE(ソニーエリクソン)の端末は、日本では、かなり人気だが、利益を出すまでにはいたっていない。Samsungにしても、端末で稼いでいるのか、APPLEへの部品供給で、稼いでいるのか、わからないではないか??

まあまあ、批判することは、いくらでもできるが、iPhone,iPadのユーザーの感覚からは、このグラフは、極めて、まともな事実をあらわしていると思う。

変化の激しい市場における、勝者とかろうじて存続している者の冷酷な現実。
(でも、利益がないと言っても、従業員への給料は、払っているわけだから)

Futuristの日々雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<iPhoneとiPadと東京電波事情 その3 (続)スマートフォン戦争の勝者? | HOME | 2012年4月開通の新東名高速と東京名古屋圏の交通事情  【続】>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。