A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

大前研一の成功と敗北とは なんだったのか その2

大前研一の前回の記事をもう少し書き継いでみる。
前回のまとめは、大前研一氏の東京都知事選での決定的敗北を、「経営と政治は違う」、とか、「政策と選挙は違う」とか、「理想と現実は違う」とかで要約するのではなく、日本の知識人としてのの本質的な課題を解決できなかったために、思想として、世界観として、敗北したという仮説を立てた。
東京都知事選挙は、面白い選挙だと思う。総理大臣は、間接選挙でしか決まらないが、知事選挙は、直接選挙だから、民意がダイレクトに結果に出る。すごい著名人がどんどん出てくるが、あっけなく消えていく。国際的建築家の黒川記章さんのように、落ちて納得して、すぐに永眠した人もいる。
   


     死ぬまえに
   一度は出たい 
   都知事選かな

                  by A.C.



もう一度、そのときの結果の数字を見てみよう。

1位当選 青島幸男 170万票 無所属
2位 石原信雄 123万票 自民、公明、社会 推薦 
3位  岩国哲人  82万票 東京都民党推薦
4位 大前研一  42万票 無所属
5位 黒木三郎 28万票 共産党支持
6位 上田哲 16万票
 
7位 目方文子 1万票
8位 山口節生 6千票



見れば見るほど面白い。共産党の候補者よりは、50%ほど多い。つまり数字だけ見れば、大前のような、米英ビジネス思想に染まったインテリは、ユーラシア共産主義に染まったインテリと同レベルだけど少し良いと東京都民は判断したとも言える。(これはかなり当ってるかも^^)。さらに、東京都民は鋭くて思い切りがいいと思うのは、都市博をどうするかという論点で、きっぱりと「中止します」と公約した青島幸男に投票した。つまり、あれこれカッコイイ能書き垂れてるやつは、きっとなにもしないための理屈も簡単につくれるに違いないと考えたのだろう。小泉純一郎の郵政民営化と同様。結局コンサルタントの人って、実行しない職業だからね。

東京都民が、大前の背後に見た米英ビジネス思想をどれだけ嫌っていたかは、青島幸男以後の知事選の結果を見れば、一目りょう然。3期連続、石原慎太郎氏。国政では、ちょっとリーダーとしては危険すぎる国粋思想の石原慎太郎氏を、うまく知事の枠にはめて、東京都民は満足しているように見える。大前氏の思想と石原慎太郎氏の思想を比べれば、あの選挙の数字の意味がはっきりと理解できる。

続く

↓大前さん、気持ちはわかるんですけどね^^

平成維新平成維新
(1989/06)
大前 研一

商品詳細を見る

Futurist 人名録 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ジム・ロジャーズの歴史観  その1 | HOME | Secondlifeとマッキンゼーのこと>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。