A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ネットの「プレゼント交換会」に秘かに参加していたビル・ゲイツ

wiredから引用

Bylineから


「レイチェルさんへ」と書かれたカードと牛のぬいぐるみを持つゲイツ氏。




ソーシャルニュースサイト「reddit」のプレゼント交換会「Secret Santa」に参加していたあるユーザーが、ビル・ゲイツ本人からプレゼントを贈られた。



「レイチェル」というファーストネームだけを明かしたユーザー「NY1227」は12月18日(米国時間)、マイクロソフトの前CEOからたくさんの贈り物をもらったと投稿した。贈り物の中身は、ナショナル・ジオグラフィック社の旅行本と、貧困や飢餓の問題に取り組む慈善団体「Heifer International」にレイチェルさん名義で贈られた多額の寄付だ。



レイチェルさんはreddit giftsサイトで、自身の経験を写真とともに書いている。まずは、「重量約3kgの荷物があなた宛てに送られます」という送付通知状を受け取ったところから始まった。届いた荷物を開けてみると、牛のぬいぐるみ1個と本1冊、そしてカードが2枚入っていたという。



2枚のカードのうちの1枚には、これがもうひとつのプレゼントを表していると書かれていた。ゲイツ氏は、レイチェルさんの代わりにHeifer Internationalを通じて、困っている家族に牛1頭を寄贈したのだ。



Heifer Internationalは、牛や羊など家畜の寄付を通じて貧困地域の自立を支援する団体だ。サイトによると、生きた牛を丸ごと1頭贈るのにかかる費用は500ドルだという。



カードにはゲイツ氏のサインがあった。さらに、荷物の中にはredditに投稿する価値のある証拠も同封されていた。クリスマスツリーの前で、牛のぬいぐるみとカードを持つゲイツ氏の写真だ。



ゲイツ氏からはもうひとつ、『Journeys of a Lifetime: 500 of the World’s Greatest Trips』(いつかは行きたい 一生に一度だけの旅 BEST500)という本も贈られてきた。表紙を開けると、中にはゲイツ氏の直筆で、「Merry Christmas and Happy Birthday」(メリー・クリスマス、そして誕生日おめでとう!)と書かれていた。



レイチェルさんはこう書いている。「彼がわたしの名で、困っている人、教育を受けたい人、両方を助けるチャリティーに寄付をしてくれて嬉しい。最高だわ、ビル!…追伸:欲しいものリストに、アップルの『iPad』を入れてしまってごめんなさい。本当に馬鹿だったわ」



Futuristの日々雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<IBM、今後5年で働き方、生活を変える可能性を持った5つのイノベーションを発表 | HOME | 若者はみな政府で働きたいという。そんな国に明るい未来はないでしょう。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。