A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

日本のもっとも暗く深い闇の根源へ

今年最後の更新。
世界の枠組みと日本の未来についても、少しづつ思考を進めてきた。
依然として、世界全体のダイナミズムの動向の力強さにくらべ、日本の未来の根本的な部分の脆弱性を感ずる。
世界の株価動向のなかで、日本だけが落ちていることが指摘されているが、もともと、年初の時点で、すでに他の先進国や多くの後進国より、市場全体のPERがかなり高めであり、それを正当化する論理は無理があったと考えるのは、極めてリーズナブルだ。日本の神話が再び訪れると信ずるには、その根拠は、あまりに弱い。株価については、2003年の大底をうち、2005年には、大相場の上昇を果たしたが、世界的株価水準の中で、他国より高いPERを抜けていくだけの期待感は、持てというほうが無理だった。


斉藤さんのブログ
は、日本の現状と未来を考えるための貴重なリソースだ。斉藤さんは、

これから3~5年後の地方では地殻変動が続くと予想されるので、海外にいても暮らせるような自分のイメージを持ち、そこに少しづつ近づいていくことを意識したい


ブログに書いている。彼の現状認識はかなり正確だと思う。
わたしは、日本は、まだ、戦後日本の古い枠組みを脱却して、未来への道筋を見出すことはほとんどできていないと考えている。そしてそのためには、日本の社会のもっとも暗く深い闇の向こうにある根源的なるものを感じ取ることが必要で、同時に、世界史(人類史)の壮大なダイナミズムを把握すること、そして、目の前の平凡な現実を子どものように素直に見ることが重要だと思っている。



日本の未来 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<2007年ブログのまとめ | HOME | クオリア  その1>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。