A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

127歳? メキシコには「世界最高齢の女性」がいるらしい


Bylineから

worlds oldest person



世界最高齢の女性ではないかと考えられているメキシコ人女性、レアンドラ・ベセラ・ルンブレラスさんが、このほど誕生日を迎えた。



イギリス各紙の報道によると、彼女は8月31日で127歳になった。ルンブレラスさんは、自分が1887年8月31日生まれだと話している。



彼女の家族によれば、ルンブレラスさんの長寿の秘訣は、大好きなチョコレートを食べ続けていること、3日間ほどぶっ続けで眠ること、そして再婚しなかったことにあるそうだ。



「彼女はいつも戦う女でした。それに、2年ほど前までは、まだ裁縫や織物をしていたのです」と、43歳になる孫のミリアム・アルベアルさんは、メキシコの「エル・ホリゾンテ」紙の取材に対して語っている



「ミラー」紙の記事によれば、ルンブレラスさんは1910年から17年まで続いたメキシコ革命の時には、夫たちと共に前線に立った「アデリータ(Adelita)」と呼ばれる女性戦士たちのリーダーだったという(動画中に写真がある)。



現在、13人の孫と73人のひ孫と55人の玄孫がいるが、子供5人と孫のうち7人はすでに亡くなったそうだ(いちばん最近では、孫が2013年に90歳で亡くなった)。



ただし、ルンブレラスさんは、40年前の引っ越しの最中に出生証明書を紛失している。このため、ギネスが認定している世界記録は、大阪市に住む116歳の大川ミサヲさん(日本語版記事)になっている。



メキシコ政府は、ルンブレラスさんに新しい出生証明書を出す計画だという。なお、ペルー政府も2014年5月、山間部に暮らす先住民女性は116歳4カ月で、大川さんより2カ月半早く生まれたと認定した(日本語版記事)。



<iframe height="315" width="420" src="http://www.youtube.com/embed/p6EFfrG-8ZU"></iframe>



[Simon McCormack(English) 日本語版:佐藤卓、合原弘子/ガリレオ]






社会保障の未来 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<国内の歴史論争で勝って、海外の人権で完敗した慰安婦問題  | HOME | 【人はなぜ勉強するのか】強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 - ある一家の家庭教育にあった、学びの意味 ->>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。