A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

格差是正の解決策はトマ・ピケティ氏も誰も見いだせていない【雑誌掲載記事】


Bylineから

週刊東洋経済2015年2/28号にジム・ロジャーズインタビュー記事が1ページ掲載されています。

今、話題のトマ・ピケティについて語っています。

<blockquote>

富の不平等はピケティ氏だけでなく、これまで無数の僧侶や政治家、哲学者などが何世紀にもわたり議論してきたテーマだ。だが誰も根本的な解決策を見いだせていない。

ピケティ氏も同様だ。ピケティ氏は、資本主義は格差を生む宿命にあると指摘した。確かに資本主義にも問題もある。だが、ほかの体制に比べればましな制度だ。毛沢東やレーニンが不平等を解消しようとした時代よりも、最近の30年のほうが中国やロシアの生活水準は向上している。

(1部引用)



週刊東洋経済2015年2/28号 </blockquote><blockquote>

【参考動画】

トマ・ピケティ: 21世紀の資本論についての新たな考察

(28分)

<iframe height="180" width="320" allowfullscreen="" src="https://embed-ssl.ted.com/talks/lang/ja/thomas_piketty_new_thoughts_on_capital_in_the_twenty_first_century.html"></iframe>





amazon.co.jp

21世紀の資本

トマ・ピケティ (著), 山形浩生 (翻訳)
</blockquote>




Futuristの日々雑感 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | SoftBankとIBMが協力してWatsonに日本語を教える…その全サービスとAPIを日本語化へ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。