A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

仮想世界SecondlifeとPC環境について その1 PCをグレードアップ

今回は、少し、趣を変えて、Secondlifeが稼動するPCの環境についての記事です。Secondlifeに関心のないかたは、飛ばしてください。Futuristブログとしては、本来のテーマとは、はずれるのですが、Futuristの滞在先(?)としては、かなり快適で、気に入っていますので、前提条件である、PCの構成や、パフォーマンス要件などを書いても、まあ許されると思いました。それに、Secondlifeの稼動環境と性能の関係については、データや情報が少ないのが現状で、少しでも、ユーザー間で、情報を共有することが役に立つのではと思います。
実はブログAuthorは、先月DesktopPCを、グレードアップしました。昨年から、故障で使えない状態っだったのですが、Secondlife(以下SLと略する)を快適に使いたいことから、秋葉原で、パーツをいくつか買ってきて、作り直しました。ちなみにブログAuthorは、DESKTOPは、自作PCを継続しています。
グレードアップ後の主な構成は、

グラフィック・ボード ATI Radeon HD2600XT GDDR4 256MB
CPU          Intel 2.4GHZ 2Core(OC)
メモリー        4GB
OS           Windows XP SP2
ディスプレー    1280x1024
ネットワーク     NTTフレッツ光 + 無線LAN(g)
その他       


もちろん、リンデンラボの推奨条件を軽く、クリアしています。(あ、無線LANは、はっきりしない)
この状態でかなり快適になったのですが、Windlight クライアントでの、自動設定(推奨設定?)だと、グラフィック・レベルは、HIGHになります。この設定なら、通常の使用なら、動きはスムーズそのもので、非常にオブジェクトの立て込んだ場所に飛行で侵入しない限り、つるつる感があります。
しかし、HIGHのデフォルト設定では、描画距離は、128mしかありません。ブログAuthorの実感では、描画距離は、長ければ長いほど、視野の広がりが、精神の広がりに直結するので、カスタマイズして、300M以上に設定を変えています。
新しい場所に、入ったときに、周囲がしばらく、Grey化するのは、システム的に避けられないようですが、できるだけ、この時間も減らせるようにしたいです。要は、一度、テクスチャーをDISKキャッシュに取り込めばよいという話しなのかな。

メモリーは、いま 安いので、4GB いきなり積んでしまいました。(約8千円)
まだ、MAXの3GB+まで使用していません。
グラボは、8800GTと迷ったのですが、前が、ATIの9550Lですから、欲張らずに、いくことにしました。発熱も少なく、ファンも静かですし。しかし、Windlightの設定をULTRAで、描画距離500Mで、常用するには、やはり、8800GT以上が必要と思われます。
CPUは、2.7GHZ程度までOC(オーバークロック)を考えてますが、今の段階で、CPUがMAX(つまり、ワンコアで50%)まで、いくのが、かなり負荷を上げた場合だけなので、しばらくこのままで十分かなという感じ。
ちなみに、今回のグレードアップは、CPUとマザーボードと、グラボと、メモリーと、電源の5点で、総額で 6万円程度で、済みました。









仮想世界とSF,表象文化,芸術 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ゆえに、人々は、ジム・ロジャーズを愛する - 中央銀行解体論 | HOME | Futuristとしてのジュール・ヴェルヌ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。