A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

EUのバローゾ委員長 インタビュー

4月24日にNHKのクローズアップ現代で、EU(EUROPEAN UNION)のバローゾ委員長のインタビューが放映された。
概略は(->)こちらで。
いまや、EUのGP(総生産)は、米国のGDPを超えて、世界の30%。共通通貨のEURは、対米ドルで史上最高値を更新中。現在の加盟国は27国。
現在のリーダーは、ポルトガル元首相のバローゾ委員長。
印象に残ったのは、20世紀は戦争の時代で、ふたつの世界大戦がヨーロッパにとって、やはり決定的に大きな事件だったと語っていたこと。これは、

20世紀後半のヨーロッパの歴史は、ひとことで言ってしまえば、西欧近代資本主義の人類的成果を戦争によってだいなしにしてしまった悔恨とふたたび過ちを繰り返さないための秩序の構築

と考える(→)ブログAuthorの認識と同様だ。
もうひとつは、市場原理による経済成長は重要だが、決して万能ではない。それは維持可能なものでなくてはならないし、消費者の安全や労働者の権利を守らなくてはならない、と強く語っていたことだ。当たり前のようだが、アメリカや中国ばかり見ていると、ついつい、彼らの大国的発想につられてしまいそうになるので、やはり、EUや他の地域の意見も聞いたほうがいい。とくに、金融関係やIT関係をリサーチしていると、どうしても、アメリカ中心にものを考えるようになってしまうので、絶えず、自分で修正する意思が必要だ。
バローゾの意見は、アングロサクソン的な経済の考えかたからすると、社会主義的に聞こえるが、彼は、欧州人民党に属していて、ヨーロッパでは、保守派なのだ。(社会主義的なのは、欧州社会党)。
ジム・ロジャーズは、EUの将来については、参加国間の格差・利害対立が存在する以上、EUは成功しないと考え、あまり期待していないようだが、果たして、どう展開していくのだろう。
EUは、すでに、通貨を共通化し、関税を廃止し、政治や法律をも共有しつつある。国家的枠組みを超えて未来を構築していこうとするその強い意志の力には、敬服せざるを得ない。

=>(追補)へ続く
世界の枠組みについての未来 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<EUのバローゾ委員長 インタビュー (追補) | HOME | 斉藤孝の子どもへの視線>>

この記事のコメント

記事内容を別記事として、追加しました。

http://ft2007.blog112.fc2.com/blog-entry-79.html
2008-04-30 Wed 23:15 | URL | カールバーグ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。