A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

「猿の惑星」化する伝統的大組織 その3 GM(ゼネラル・モーターズ)<1>

前回の記事で、日本の学歴エリートの象徴である財務省(旧大蔵省)の猿の惑星化について書いた。
今回は、大企業の代表としての、GM(ゼネラル・モータース)について書いてみる。
GMといえば、アメリカを代表し、最近でこそ、トヨタと自動車販売台数で、世界一を争っているが、これまでは、不動の世界ナンバーワンの自動車企業だった。
また、GMの経営史をひもとけば、アルフレッド・スローン
ピーター・ドラッカージョン・デロリアンなど有名人がずらり。スローンは、1923年から1937年まで、GMの社長、その後1956年まで、会長を務めた。GMを倒産の危機から救い、世界一の自動車メーカーにした。その著書「GMとともに」は、いまでも経営の名著といわれている。
GMとともにGMとともに
(2003/06/06)
アルフレッド・P・スローンJr.有賀 裕子

商品詳細を見る


ドラッカーは、34歳のとき(1943年)、GMから、その経営と組織についての研究を依頼された。その成果は、「会社という概念」(のち「企業とはなにか」として新訳)にまとめられ、分権化など考え方が、フォードやGEなどの多くの企業の改革に利用された。
ドラッカー名著集11 企業とは何か (ドラッカー名著集 11)ドラッカー名著集11 企業とは何か (ドラッカー名著集 11)
(2008/03/14)
P.F.ドラッカー

商品詳細を見る


デロリアンは、1956年にGMに入社し、技術とマーケティングの両面で華々しい活躍をして、GM史上最年少で役員昇進、将来の社長候補のNo.1でありながら、GM経営陣の堕落を批判して、退社。自分で、DMCという会社を創立し、「エシカル・カー(倫理的な車)」を発売するが、失敗する。彼の経験を記述した「晴れた日にはGMが見える」は、巨大企業の内情を開示するものとして、ベストセラーとなった。
晴れた日にはGMが見える―世界最大企業の内幕 (新潮文庫)晴れた日にはGMが見える―世界最大企業の内幕 (新潮文庫)
(1986/04)
J.パトリック ライト

商品詳細を見る

GMは、2005年以降、巨額の赤字と株価の低迷で、再建を模索中。販売台数は依然世界1位。
また、この年、ドラッカーは、95歳で死去した。

続く




世界の枠組みについての未来 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<現役官僚たちよ、発言せよ | HOME | フランスの学歴エリート社会>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。