A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

裁判員制度と民度の向上

裁判員制度の実施期限が近づき、様々な点から、これでだいじょうぶかという論議が出ている。
いまさらない言ってんだという感じがする。
何年か前に、この制度が実施されるらしいと聞いて、素直に感じたのは、
そもそもこの制度が満足に機能するには、、隣人を死刑にするかどうかという判断を、個人として、合理的かつ冷静に判断できるだけの、見識や人間性、独立性をほとんどの国民が具えていなければならない。PTAの会議で、運動会のだしものを決めるのとは、わけが違う。リストラで誰を解雇するかを決めるのは、似ているが、裁判ははるかに難しい。
自分に照らして考えても、自分が、態度を表明することはできるだろうが、それが正しいという確信を持つのが難しいし、確信を持ったとしても、たまたま持っただけのことだろう。

こういう法律が十分な国民的議論をしないまま、国会で、ほぼ満場一致で成立してしまう幼稚さにはあきれてしまう。
6月の朝まで生テレビは、裁判員制度がテーマだったが、議論していた、法曹関係者たちの発言も、彼らのレベルの低さを露呈していたように思う。「裁判の民主化」を言いつつ、どうやってそれを実現すべきかすらよくわかっていない。とりあえず、実施時期を延期して、よく考えなおそうというのが主流の意見のようだったが、君たち、プロとしてちょっとはずかしいねというのが、わたしの感想だ。

ただし、ブログAuthorは、国民の裁判参加それ自体には、反対ではない、どちらかといえば賛成である。なぜなら、ブログAuthorは、政府より企業、企業より個人(家庭)が重要であり、あらゆる分野において、個人(家庭)のレベルが向上していくこと(=民度の向上)が、未来を豊かにすると考えているからだ。日々の生活の中で、死刑やそれに準ずる重犯罪が存在することを、現実として、思考するには、貴重な経験であると思うし、ひとりの大人の国民として、責任ある判断を迫られることも良いことだと思う。

しかし、日本国民にとって、大きな課題は、日本国民は、民主主義の先進国として、一応国際的に認知されてはいるものの、それは、外向きの、表層でしかないという「ウチとソト」「タテマエとホンネ」の2重構造の世界でもある。依然として、「お上(かみ)」が仕切る世界であり、憲法にしたところで、ホンエを言えば、占領軍に押し付けられたものであり、アメリカの意向が変われば、いかようにも操作されてしまうのが現実だとあきらめているとすら思える。

つまり、日本国民は、根源的な意味において、まだ、大人として自立していないのである。


その問題を抜きにして、「裁判の民主化」を語ったところで、虚しいのはあたり前と思う。

参考=>日本の根源的保守性




日本の未来 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<Yahoo買収騒動に思う | HOME | ある市民記者の記事>>

この記事のコメント

ご意見に同意します。

民意のレベルが低いのに、民主化といっても始まらないことは明らかなのです。

一般に、左派は、市民参加があれば、国政が良くなると考えていますが、それは、単なる原理主義でしかありません。問題は、実質的に見て、国政参加をするだけの実力が国民にあるかどうかが問題で、それなくして、国民主権を唱っても空しいだけです。

私のブログでも書きましたが、裁判員になる義務の前に、司法教育を受ける義務を課すべきですし、さらに言えば、もっと大きな義務として、成人に達する前に主権者教育を受ける義務を課すべきだと思います。
2008-07-12 Sat 23:45 | URL | PALCOM #-[ 編集]
PALCOMさん、
この問題(民度の向上と自立)は、日本の未来にとって、重要な課題と思っていますので、今後も思考を深めていくつもりです。よろしくお願いいたします。
2008-07-12 Sat 23:49 | URL | カールバーグ #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。