FC2ブログ

A Futurist's blog

ぐーたら☆Futurist(フューチャリスト)のカールバーグの世界へ ようこそ

未来はコオペレーターたちの手に:マット・デイモンが最新作『エリジウム』を語る


Bylineから


マット・デイモン






──デイモンさんのお母さんは大学教授で、お父さんは確か銀行家でしたよね。



株式仲買人で、のちに自分で事業を起こしたよ。



──ハーヴァードを出て、美しい家族ももち、キャリアも順風満帆。そのあなたが、『エリジウム』では、いわゆる「1%でない」人物を演じています。日々の生活を生きるのに必死なスラムの住人です。この役を演じるのはいかがでしたか?



そう言われると確かに要素的には自分は、1%のほうに入るのかもしれないけれど、自分が1%の側だと感じながら生きてきたとは思わないんだ。自分が恵まれた環境にいて、そういう環境で育ってきたことは理解しているつもりだし感謝もしているけれど、考え方の部分で自分が1%の側にいると思ってはいないよ。1%とその他の99%ということが語られるときに、99%の人々のなかに怒りを起こさせるのは、彼らが無駄に多く富を所有していて、かつそれを独占するためにあらゆる手だてを講じるような人たちだからだと思う。そのことが人の癇に触るんだ。



アメリカンドリームというものは、昔から、新しいビジネスをつくったり何かを発明したりすることで実現されてきたもので、そのなかから例えばスティーブ・ジョブズみたいな存在が生み出されてきたわけだけれど、格差の話題では、そうした人たちを引きずり下ろそうという話にはならないんだ。むしろ金融業界とか、さしたる価値や雇用を生み出すことなく、ただ自分たちのために資産を増やしているだけの人たちこそが、人々の怒りに火を注いだんだと思う。2008年のメルトダウンだって、焦げついたのは実際はみんなのお金だったわけでしょ。1%と99%の話は、単なる富の問題じゃなくて、どうやって人がその富を築いたかというところが重要なんだと思う。つまるところ強欲と不正義というところに問題はあるんじゃないかな。



──ニール・ブロムカンプ監督と一緒に仕事をしたいと思った理由は何ですか?



『第9地区』を観て、すぐにこの監督とは仕事をしてみたいと思ったよ。ぼくの考えでは、まぐれでいい映画は撮れないんだよ。映画づくりには無数の決断を長きにわたって下し続ける必要があって、あらゆる画面に曖昧な判断はないんだ。監督は、役者が着ているものから、光が差し込む方向、部屋の中の壁紙、床の色、天井を見せるのか見せないのか、画角、レンズの選択、こうしたすべてのことから、役者の動きの一つひとつにまで決断を下さなくてはならない。いい映画を観ると、その背後に優れた監督がいることがたちどころにわかるんだ。『第9地区』を観たときに感じたのはそれだよ。ユニークなコンセプトがあって、現実の事柄を描きながらもそれをエンターテインメントとして提示するそのやり方を見て、ニールは一緒に働いてみたい監督のリストのトップにいきなりランクインしたよ。




未来はコオペレーターたちの手に:マット・デイモンが最新作『エリジウム』を語る…の続きを読む
仮想世界とSF,表象文化,芸術 | コメント:0 | トラックバック:0 |

死体冷凍保存計画?

ポストヒューマニティ系の学者が、死後の自分の体を、冷凍保存する計画。
オックスフォード大のニック・ボストラム教授も含まれている。

オックスフォード大の学者冷凍保存
仮想世界とSF,表象文化,芸術 | コメント:0 | トラックバック:0 |

1Q84 Book3 最後は、ひとつの月

やっと、1Q84を読了した。Book2のあと、急に多忙となり、しばらくブログも読書も放置していた。
Book3は、まるでハリウッドのSFラブロマンス映画かと思うようなハッピーエンドだった。
天吾と青豆は、無事再会し、月がひとつである普通の世界へ戻った。まるで、ワームホールを通り抜けた人々のように。

1Q84 BOOK1-3 文庫 全6巻 完結セット (新潮文庫)1Q84 BOOK1-3 文庫 全6巻 完結セット (新潮文庫)
(2012/05/28)
村上 春樹

商品詳細を見る

1Q84 Book3 最後は、ひとつの月…の続きを読む
仮想世界とSF,表象文化,芸術 | コメント:0 | トラックバック:0 |

1Q84.BOOK2.やっぱり、ふたつの月。そして、ノーベル賞。

1Q84.BOOK2.やっぱり、ふたつの月。そして、ノーベル賞。

1Q84 BOOK2〈7月‐9月〉前編 (新潮文庫)1Q84 BOOK2〈7月‐9月〉前編 (新潮文庫)
(2012/04/27)
村上 春樹

商品詳細を見る


1Q84 BOOK2〈7月‐9月〉後編 (新潮文庫)1Q84 BOOK2〈7月‐9月〉後編 (新潮文庫)
(2012/04/27)
村上 春樹

商品詳細を見る


BOOK2では、さすがに、淡々とした描写だけで、なく、さきがけのリーダーと青豆との対話とか、青豆と天吾の織姫と彦星のような宿命的純愛物語とか、天吾の父子の対話とか、盛り上がりの設定箇所がたくさんある。
どちらにしろ、小説の外部の現実と小説の中のリアリティと、心の真実と、小説の中の心の真実と、それらの反対側にある虚構や幻想みたいなものの関係を徹底して、再構築して、独自の魅力的で、リアリティあふれる世界を驚くべき透明度と強度をもって、描くチカラは、凄い。
高円寺の公園にいけば、カールバーグだって、月がふたつ見えるような感じがしてくるんだから。

ただし、BOOK2のエンディングは、読者に欲求不満とストレスをもたらす。

マンガのような簡潔なシーン描写、ファイナルファンタジーみたいなRPGテレビゲームを思わせる大いなる宿命を背負った人々の設定と展開、推理小説のような謎解きの面白さ、SF小説のような奇想天外な設定、ホントに不思議な作家だ。

ノーベル文学賞が発表されるときは、BOOK3の何章を読んでいるだろうか?




仮想世界とSF,表象文化,芸術 | コメント:0 | トラックバック:0 |

1Q84 Book1 ふたつの月

1Q84 book1

月ふたつ、5人の小人が作るまゆ


何故かたんたんと、傍観者的な描写がつづく。
ねじまき鳥やハードボイルドのような、作者の思いいれがない。
青豆と天吾という、くっきりしたキャラクターも、魅力的な設定である一方で、マンガの主人公のように、深みが感じられない。ピカレスクロマンなのに、クリーンで、重力感のない物語。
かれらの性生活や食生活、職業生活の描写も、簡潔で、事務的とも言える淡白さが印象的だ。
ただ、村上が一般的でない特殊な職業に、とくに関心があって、独自のこだわった設定になっているのは、楽しめる。(他の村上作品でも感じたこと)
ドメスティックバイオレンスとカルト教団、左翼青年の末路・・・わからなくもないが

カールバーグには、ふたつの月が夜空に浮かぶ、その情景が、もっともインパクトがあった。book1の核は、ただこのふたつの月というメタファーにあると言ってはいけないか?
ふたつの狂気。ふたつのパラレルワールド? 


1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編 (新潮文庫)1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉前編 (新潮文庫)
(2012/03/28)
村上 春樹

商品詳細を見る

1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉後編 (新潮文庫)1Q84 BOOK1〈4月‐6月〉後編 (新潮文庫)
(2012/03/28)
村上 春樹

商品詳細を見る

仮想世界とSF,表象文化,芸術 | コメント:0 | トラックバック:0 |

NHK スコラ:音楽の学校by坂本龍一

自分の中の、未知なる感覚を探ってみたくて、柄にもなく、音楽系のアレコレに手を出している。
NHK Eチャンネルの坂本龍一の音楽の学校を、結構楽しみに見ている。
最近は、クラシック、古典派のベートーベンからドビュッシー、ラベルといった、印象派の音楽を、
基本から学問的??に解説しつつ、子どもたちと作曲の練習をしたりと、ユニークな番組だ。
前は、バッハとか、ジャズを、やってた。
音楽の勉強は、中学、高校以来だから、かえって、新鮮で、楽しい。
音楽は、うるさくして、他人に迷惑をかけなければ、自分にも、聞く人にも、価値を与えることのほうが、ずっっと多い、素敵な空間だ。だだし、それを、お金にかえて、稼いでいくのは、難しいだけでなく、異常なことなのかも知れない。
あ、そうか、だから、世の中は、カラオケで盛り上がる人たちが、山ほどいるわけだ。音楽を、自分で産みだして(ま、他人の曲、他人のバック演奏に、あわせているだけなんだが)。音楽は、受身で、聞かされてることより、できる範囲でいいから、自分から、発信するほうが、本来の魅力を味わえるということなんだろうか?

坂本龍一
仮想世界とSF,表象文化,芸術 | コメント:0 | トラックバック:0 |

NHKスペシャル 「太郎と敏子 ~瀬戸内寂聴が語る究極の愛~」

たまたまテレビをつけたら、やっていたので見ていたら、思わず引きこまれました。
岡本太郎については、「太陽の塔」以外は、あまり評価していないカールバーグですが、非常に存在感のあるユニークな人でしたね。
太陽の塔1


NHKスペシャル 「太郎と敏子 ~瀬戸内寂聴が語る究極の愛~」…の続きを読む
仮想世界とSF,表象文化,芸術 | コメント:0 | トラックバック:0 |
BACK | HOME | NEXT